企業情報

ごあいさつ

現在、新薬の開発では、候補薬の有効性と安全性を、臨床試験前にヒトの細胞を用いて確認したいというニーズが高まっています。このような中、無限増殖性とあらゆる細胞に分化する性質をもつ、ヒトiPS細胞を創薬に応用する動きが世界的に始まっています。日本では、製薬企業各社や多くの公的研究機関が協同で、iPS細胞由来分化細胞による安全性評価を医薬品開発へ応用することを検証しており、中でもiPS細胞由来の心筋細胞を用いた、安全性評価の標準化が進んでいます。

富士フイルムグループの米国Cellular Dynamics International, Incは、iPS細胞の開発・製造の世界的なリーディングカンパニーであり、既に創薬支援向けに高品質なiPS細胞由来分化細胞や疾患特異的あるいは遺伝子改変型iPS細胞由来分化細胞を、大手製薬企業など多くのユーザーへ販売し、iPS細胞ビジネスをリードしています。

私たちセルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社は、Cellular Dynamics International, Incが世界をリードする創薬支援向けiPS細胞ビジネスを日本で展開するため、2015年10月に設立されました。高品質なiPS細胞製品を、国内の大学や研究機関、企業などユーザーの皆様に安定的に提供し、さらに品質などに対するニーズを把握して、積極的に共同研究などに取り組みながら、化合物探索から疾病研究、薬剤の評価など幅広く創薬支援分野へ貢献してまいります。

セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社
代表取締役社長
伴 寿一