お知らせ

iCell® Motor Neurons(モーターニューロン)販売開始のお知らせ

2017年8月21日
セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社

脊髄モーターニューロンによる筋繊維の神経支配は、筋収縮および協調運動を制御するために不可欠なプロセスです。ALS(筋委縮性側索硬化症)およびSMA(脊髄性筋委縮症)のような神経変性疾患は、このプロセスが障害されるモーターニューロンの進行性変性の結果とされています。弊社では、モーターニューロンのバイオロジーを理解するための細胞モデルを提供することを目指し、iPS細胞由来のモーターニューロンであるiCell® Motor Neurons(iCell®モーターニューロン)の販売を開始いたします。

■主な特徴

  • 高純度なiPS細胞由来のヒト脊髄モーターニューロン
  • ≧87%(β-III tubulin)の主にコリン作動性のヒトニューロンの高純度集団(≥55% Isl1/2)。完全分化しており、増殖しません。
  • 分岐した神経突起を有する典型的なニューロンの形態を示し、長期に渡り生存可能(14日以上)
  • モーターニューロンに特徴的なマーカーを発現
  • 単一ロットで大量の細胞を供給可能
  • 解凍播種するだけで簡単に使用可能

■主な使用用途

  • 基礎研究・トランスレーショナルリサーチ:ALS&SMA、髄鞘形成/脱髄、神経新生などの神経変性疾患の研究
  • 創薬:ALSやSMAなどの疾患研究
  • バイオエンジニアリング:神経筋接合モデルの開発
  • 毒性:BoNTテスト、農薬や化学物質などの毒性評価

Figure1. フローサイトメトリー解析
高純度(Tuj 陽性)、完全分化(Nestin 陰性)した、モーターニューロンの細胞集団(Isl 1/2)


Figure2. 形態
播種後1日以内で分岐したネットワークを形成(Panel A)
7日を経過するとネットワークが拡大(Panel B)
14日ほどで、ガングリオン構造を形成(Panel C)


Figure3. 免疫細胞化学解析
特異的な神経およびモーターニューロンマーカーで免疫染色(播種後14日)


Figure4. 遺伝子発現解析
qPCRにて2ロットのiCell モーターニューロンを神経およびモーターニューロンマーカーについて発現量を解析

■ご注文情報

製品番号

製品名/製品内容

内容量

希望小売価格

MNC-301-030-001-PT

iCell® Motor Neurons /
iCellモーターニューロン 培養キット
(維持用培地とサプリメント2種付)

>3.2X10^6

300,000円

MNC-301-030-000.5-PT

iCell® Motor Neurons /
iCellモーターニューロン ハーフサイズ培養キット
(維持用培地とサプリメント2種付)

>1.6X10^6

185,000円

NRM-100-031-001

iCell Neurons Medium Supplement
iCell 神経細胞用 サプリメント

2ml

20,000円

NRM-100-121-001

iCell Neurons Maintenance Medium
iCell 神経細胞用 維持用培地

100ml

10,000円

NSS-301-031-001

iCell Nervous System Supplement
iCell 神経系サプリメント

1ml

29,000円


■輸送形態
細胞:ドライシッパー
サプリメント:ドライアイス
維持用培地:冷蔵

■遺伝子編集モデル SOD1 G93A, TDP-43 Q331K, TDP-43 M337V もございます。
(取り寄せ品のため、納期・価格はお問い合わせください。)

細胞についての詳しい資料をご希望の方は、問い合わせフォームからご請求ください。

ご注文についてのお問い合わせ


以上