なぜCDI なのか?

食品・化学物質試験

ヒトの健康増進

私たちが摂取する食品から呼吸する空気、身に着ける衣服に至るまで、化学物質は(人工、天然を問わず)日常生活の一部です。健康を最適な状態に増進し、より良い環境を守るための努力の過程で、これら化学物質の安全性閾値の理解に対する関心が高まっています。

複数の政府主導の取り組みである Tox21 が進行中で、毒性を持つ可能性がある何千もの化学物質をスクリーニングしています。その結果データを用いて、より安全な医薬品、食品、化粧品、その他の消費者製品を保証する法令を制定することになるでしょう。

CDIの iCell ® 神経細胞 および iCell 心筋細胞 を用いてヒト細胞検査法が開発されて、 ハイスループットスクリーニングプロトコル に採用され、潜在的な毒物への生物学的応答を予測しています。その結果、これらの iPS 細胞由来製品は Tox21 やその他の環境有害物質スクリーニングの取り組みで使われる可能性が高くなっています。

Neurite Outgrowth

シャーレに播種した iCell 神経細胞 の神経突起伸長をコマ撮り撮影した映像です。

 

より良い栄養でより健康的な生活に

様々な iCell 製品および MyCell ® 製品を用いて、食品の栄養的側面に対する理解を深めることが可能です。この種の研究結果は、肥満、糖尿病、認知障害といった重篤な健康状態の発生を予防あるいは遅らせる手助けとして重要な役割を果たすことが期待されています。

動物試験に代わる手段

ヒトの健康増進のための取り組みに加え、安全性試験および生物学的研究における動物の使用を減らす努力が進行中です。これまでヒトにおける安全性と有効性を予測するモデル系として種々の動物が使われてきましたが、消費者および医薬品製造企業は、可能な限り動物以外のモデルに切り替えるよう迫られています。CDI の iPS 細胞由来の分化細胞は生体関連製品であり、工業的に量産可能なため、 動物の代わり となり得ます。

iCell 製品および MyCell 製品の開発を支える技術の詳細については、お問い合わせください。