なぜCDI なのか?

当社の技術

幹細胞:無限性と多能性

幹細胞はあらゆる多細胞生物にみられる初期の未分化細胞です。幹細胞は無限に生存・複製する能力と、人体内であらゆる細胞型に分化できるという独特の性質(多能性)をもっています。幹細胞は大きく以下の2種類に分類されます。

  • 胚性幹細胞(ES細胞):初期胚から取り出される幹細胞
  • 人工多能性幹細胞(iPS細胞):成人の皮膚や血液など、ドナーから提供された細胞から作製される幹細胞

科学的研究や臨床開発に iPS 細胞を使用することで、 ES 細胞に関連する倫理・社会的問題を回避することができます。

人工多能性幹細胞の作製

iPS 細胞を作成する「リプログラミング」と呼ばれる過程では、成人細胞の多能性遺伝子を定方向的に発現させます。 CDI はエピゾーマルベクター(輪状のDNAベクター)を用いて多能性遺伝子を導入するエピゾーマルリプログラミングを開発・最適化しました。エピゾーマルリプログラミングは特に臨床分野において、他のリプログラミング技術に大きく優る利点をもっています。

一度の簡単な採血で、無限の可能性をもつ iPS 細胞を作製することができます。

iPS 細胞からさまざまな細胞型への分化

製造したiPS 細胞から、CDI は独自の方法を用いて心筋細胞、神経細胞、肝細胞などの高品質・高純度な分化組織細胞を量産する細胞分化メカニズムを導き出しました。2007年の初発表以来( Takahashi, et alYu, et al )、様々な人種、遺伝子背景、疾患状態のドナーの細胞からiPS 細胞とそれらに由来する組織細胞が作成されています。

無制限に複製可能なiPS細胞により、分化組織細胞の商業的量産が可能です。

 

医療の世界に変革を

iPS 細胞由来の組織細胞を用いることで、多くの症例で ドナーの病態を実験室内で再現する ことができます。これは、いわゆる「シャーレ内疾患モデル」と呼ばれるものです。その結果、人間の難病のメカニズムに関する新たな知見や、疾患モデルや創薬に対する新たなアプローチが生み出されています。また、こうした利点をもつ iPS 細胞由来の組織細胞は、自家細胞移植による臨床治療の開発において、重要な資源となっています。

CDI のiPS 細胞プラットフォームによる創薬臨床の進歩人間の健康 に関するその他の進歩について、より詳しく知りたい方は各リンクをご覧ください。